走者の記憶~The Reminds of Runners~

英文記事やインタビューをもとに、陸上選手について考察していきます。気になる陸上選手がいましたら、コメント欄にて執筆依頼も受け付けます。

キム・コリンズ (Kim Collins)③

 前回、前々回に引き続き、キム・コリンズと国との問題に焦点を当てていきます。

 

過去記事はこちら↓

キム・コリンズ (Kim Collins)① - 走者の記憶~The Reminds of Runners~

キム・コリンズ (Kim Collins)② - 走者の記憶~The Reminds of Runners~

 

目次

1.逮捕と兄の死亡

2.キム逮捕時の妻による証言

3.まとめ

 

1.逮捕と兄の逝去

www.jamaicaobserver.com

(2018年8月15日アクセス)

 

(本文・見出し)

Kim Collins arrested over child support issue

 

キム・コリンズ、子供支援問題で逮捕される。

 

記事の見出しの通り、コリンズは2013年に子供支援に関する罪を問われ逮捕されています

 

こちらの記事も全訳していきます。まとめはその後に書きます。

 

(本文)

BASSETERRE, St Kitts (CMC) - Iconic sprinter Kim Collins says he does not owe any money in child support following his arrest as he prepared to leave the country.

Police escorted Collins to a courthouse in St Kitts after his arrest in Nevis as he was boarding an aircraft to travel overseas.

A complaint is believed to have been made that Collins was leaving the country without making adequate provisions for his next payment.

However, WINN FM says it understands that Collins did not owe any money in child support when he was arrested.

It was alleged that Collins was in breach of child support payments but paid up monies owed since October before travelling to St Kitts. 

Collins has been quoted as saying he had receipts to show he was not in arrears and had documents to prove that he had put measures in place for the payments to be made.

He said the court ordered that amendments be made to one of the documents and that was done.

Reports indicate that Collins was allowed to travel after sureties were again identified for his next payment if he failed to do so.

Collins was detained as he returned to the island to attend his brother’s funeral after winning the 60 metre-dash in 6.57 seconds at the Russian Indoor Winter games.

 

(和訳)

セントクリストファーネイビス、バセテールにてースプリンターのアイコン的存在であるキム・コリンズは子供支援に関して一切の費用を負っていないと主張する。逮捕前のコリンズは出国の準備を進めていた。

 

警察は外国に渡航する直前であったコリンズを法廷に召喚した。

 

警察は主張した。コリンズは次回の支払いに関して適切な用意をしないままに、出国するところだった。

 

しかしながら、WINN FN によると、警察は子供支援の費用に関してコリンズに全く責任がないことを逮捕の時点で把握していた。

 

コリンズは子供支援金の支払い規約に違反したとして罪を問われた。しかしながら、セントキッツに飛び立つ前の10月にコリンズは負っていた金額を返済している。

 

コリンズは、自分は領収書を持っていて、それは借金を延滞していない証拠になると語る。同様に、彼の持つ資料では、支払いに応じて適切な処理を行ってきたことが証明できると言う。

 

コリンズによると、法廷側は彼が資料を改ざんしたと訴えている。

 

さらに報告書によると、コリンズは次の支払いに関する保証が確認された後ならば渡航が許可されるとされている。

 

コリンズは、ロシアで開催された室内競技会の60mで6.57の記録で優勝した。しかし、その後に弟の葬式のため島に戻ろうとしたところを拘留された。

 

このように、コリンズは児童支援に関する金銭問題についておそらく不当に申し立てられています。さらに、最後の文ではコリンズの弟が死去したことが示されています。コリンズの弟は警察に射殺されたそうです


www.whatsupcaribbean.com

(2018年8月15日アクセス)

 

引用は省きますが事件の顛末は以下のようです。

 

コリンズの弟であるカルスタス・ブラウン (Callustus Brown) は関係がこじれていた妻をナイフで刺した。

駆け付けた警察は武器を下すように指示したが、ブラウンはそれを拒否した。そればかりか、警察の一人も刺してした。

その後、警察に打たれて死亡。

 

事件の真相をこれ以上追及することは困難です。しかしながら、キム・コリンズは国との確執に加えて、このような事件まで起こってしまい、ストレスに晒されたことは容易に想像できます

 

また、別記事によるとコリンズは「二度と母国のためには走らない。」とまで宣言しています。

 

www.thesun.co.uk

(2018年8月15日アクセス)

 

(本文)

A furious Collins - who carried the flag for his country at the Opening Ceremony - said he would never again run for the tiny Caribbean nation after being shown a lack of respect.

(和訳)

激怒したコリンズは、敬意にかけた態度を示されたがため、二度と小さな島国である母国のためには走らないと誓った。コリンズは、オリンピックで代表選手団の旗手を務めた人物であるにも関わらず…

 

2.キム逮捕時の妻による証言

では、コリンズが逮捕されたことについて周りはどう反応したのか。コリンズの妻の主張を見ていきます。

 

SKNVibes | Kim Collins' wife speaks out about his arrest(2018年9月11日アクセス)

 

(本文)

BASSETERRE, St. Kitts - PAULA COLLINS, wife of St. Kitts-Nevis’ sprint icon Kim Collins, has spoken out on his recent arrest in Nevis.

 

Calling into WINN FM's daily talk show ‘Voices’, Paula spoke passionately about Kim's recent arrest for allegedly owing child support and revealed what transpired while he was being transported from the Vance Amory International Airport in Nevis.

 

Paula claimed that the vehicle within which her husband travelled after being arrested “crashed head on in Nevis with Kim in the car, almost killing him...”

 

She stated that the vehicle was being driven by a police officer and that following its collision with another vehicle, the officers did not seek medical assistance for her husband

 

“After they [police] took him out of the airport, it was as if there was a bad thing in the air because as a police officer you know that Nevis does not have that amount of traffic at that time of the day, what were you doing that you are going to have a head on collision with somebody?

 

“He [Kim] has made St. Kitts a force to be reckoned with.  So, if you are taking someone like that - he is innocent until proven guilty - and you are going to crash into a car and never ask him if he is okay, get him any medical [assistance] - anything?”

 

SKNVibes investigated these claims which were confirmed by a police official that the vehicle carrying Kim did collide with another last Thursday (Feb. 7) while he was being transported from the airport.

 

With regards to Kim having to appear in the Magistrate's Court in St. Kitts, Paula explained that arrangements were made to ensure that monies for maintenance were made while he is overseas.

 

“We have two lawyers signed in the Magistrate’s Court that says they have the responsibility that if Kim is not on the island the child support will be paid. Why Kim was pulled outside of the airport and tried to be disgraced in that way? Nobody understands.”

 

When asked her thoughts on the reason for her husband’s ill treatment, Paula expressed that persons may be envious of him.

 

“Envy! A jealous set of people who are not trying to find out what is going on. The police seem to be one-sided, the Court system seem to be a mess, because he keeps going to a Court that has not given him any rights.

 

“Imagine the same people that had him in Court went in his car to pull his own child out of his car. And when Kim went to Court with them, the police lied in Court, the baby mother lied in Court, the husband lied in Court and Kim was still found guilty. A system like that I just don’t understand.”

 

Paula expressed that while St. Kitts may have many people who truly care for Kim, there are others who do not have good intentions for him, and it is their voices being heard and their actions seen.

 

Sprint icon Kim was arrested in Nevis last Thursday at the Vance Amory International Airport for allegedly not making adequate arrangement to support his children while overseas.

 

Kim was reported by another media house as saying he did not owe any child support and had receipts to show he was not in arrears, as well as documents to prove that he had put measures in place for payments to be made.

 

SKNVibes understands that the Court had ordered that amendments be made to one of the documents which was done and that Kim was allowed to travel after sureties were again identified to make the required payments if he failed to do so.

 

(和訳)

セントクリストファーネイビス、バセテールにてー国のアイコン的存在であるスプリンター、キム・コリンズの妻ポーラ・コリンズは夫の逮捕についてネイビスにて語った。

 

WINN FMのトークショー、"Voice" に招待されたポーラは夫の逮捕について熱心に語った。夫のキムは子供支援に関するの責任を問われ逮捕された。ポーラは同様に、夫がネイビスのバンス.W.エイモリー空港から輸送されたときの様子についても口を開いた。

 

ポーラの主張によると、夫のコリンズが逮捕後に乗せられた輸送車は「正面衝突事故を起こし、夫は危うく死ぬところであった」。

 

さらにポーラは続ける。その車は警察官が運転しており、他の車と衝突事故を起こした。しかし、事故の後、コリンズに対しては何のメディカルチェックもなかった。

 

「警察が彼を連れて空港を出た後、何か不穏な空気がありました。ご存知の通り、ネイビスの日中はそれほど交通量が多くありません。それなのに、どうして正面から衝突するような事故が起こるのでしょうか。」

 

「夫はセントクリストファーネイビスという国の名前を世界に認知させました。そのような人を車に乗せているのに、事故を起こし、さらには怪我の確認もせず病院にも連れて行かないなんて、、、。夫はその時に何の罪も認められていなかったのですよ。」

 

SKNVibesメディアは、ポーラの主張に基づき調査を行った。その結果、2月7日(木)にコリンズを空港から輸送中、車を運転していた警察が事故を起こしたことが正式に確認された。

 

夫が治安裁判所に出廷させられたのは、キムが海外滞在中に子供支援の費用を工面したことを問うためだった、とポーラは説明する。

 

「私たちは治安裁判所の弁護人2人を雇っています。彼らによると、キムには国にいない間も児童支援金の支払い責任があります。なのにどうして夫が空港から強制送還されて、辱めを受けなければならなかったのか。全く理解できません。」

 

夫に対する対応の不適切さは、特定の人々が夫を妬んでいることから来ている、とポーラは考える。

 

「嫉妬よ!夫を妬む人たちは、真実が何なのかを全く糾明しようとしない。警察は一極に固まっているし、司法制度も混乱している。彼らの前では、夫は何の権利も保証されていないのと同じです。」

 

「こんな状況を想像してみてください。キムを出廷させようとする人間が車に乗り込んできて、彼の子供を車から締め出す。そして、出廷すると警察は嘘の証言をしている。妻も嘘を報告する。夫も嘘の証言をする。結果、キムはまた罪を問われる。私は、どうしてこんなシステムになっているのか理解できません。」

 

ポーラは続けて語る。セントクリストファーネイビスには夫を敬う人もたくさんいるかもしれない。その一方で、キムをよく思わない人も多い。そして、みんなの耳に触れたり、実行されたりすることの多くは彼らの意思に基づいている。

 

スプリンターのアイコン的存在であるキム・コリンズは先週の木曜日にネイビスのバンス・エイモリー国際空港で逮捕された。彼が問われた罪は、海外渡航中に自分の子供に対して十分な支援金を工面しなかったことだ。

 

一件は他メディアにも取り上げられているが、それによるとキムは子供支援に関して何の義務もないし、お金を滞納していないという証拠も持っている。同様に、支払うべきお金の類は納めていることを示す書類も持っている。

 

SKNVibesメディアは、裁判所が要求した補償をキムは既に完了していることを確認した。また、要求される支払いを済ませたのちにキムが海外渡航を許可されるという情報も掴んでいる。

 

さて、引用をまとめていきます。2013年にキムコリンズは逮捕されました。問われた罪とは、コリンズが子供支援金の支払い規約に違反した、というものです。しかしながら、記事ではコリンズが然るべき対応をしてきたことが示されています。ゆえに、やはり警察の作為的なものが背後にあるように思われます。さらに、コリンズが逮捕されたとき、彼を乗せた車は事故を起こします。しかし、コリンズは国の英雄的なアスリートであるにも関わらず、一切のメディカルチェックも行われなかったそうです。このことからも、どれだけコリンズが母国で不当な扱いを受けていたのかが推し量れます

 

 3.まとめ

今回は、ロンドン五輪後もコリンズと母国との間には深刻なトラブルがあったことを示しました。以上のように、コリンズは不可解に逮捕されたり、兄が警察に殺害されたりと相当な精神的ストレスを受けていたと思われます。過去記事で見てきた、国の二極化がここまで深く根をおろしているとは予想していませんでした。

 

このように、コリンズと国との関係性は地に落ちた感があります。しかしながら、コリンズは2015年に国の代表に返り咲いています。

 

次回は如何にしてコリンズが国との不和を解消していったのかを見ていきたいと思います。

 

キム・コリンズ編が想定外の長編記事になってしまいましたが、次回以降もお付き合いお願いします。

 

続きはこちら↓

キム・コリンズ (Kim Collins)④ - 走者の記憶~The Reminds of Runners~